キーワードから検索

生産者の顔が見える、減農薬で安心な「札幌大豆」

豆太では地域資源の北海道・札幌圏の大豆を活用した

安心で健康的な大豆製品を提供する新ブランド「mameta’s cafe」で、

「札幌大豆」の魅力を伝える大豆コーヒーをはじめ、おから・豆乳を使用した商品を開発・販売しております。

環境・体にやさしい北海道のブランド大豆「札幌大豆」

「札幌大豆」の魅力

札幌大豆について

国産大豆のうち、約40%の生産量を占める日本一の大豆産地、北海道。北海道では多種多様な大豆が生産されていますが、札幌圏の大豆の地産地消を目指したブランド大豆として「札幌大豆」は誕生しました。

札幌大豆は、独自の厳しい栽培基準等をクリアした札幌近郊の農家さんが育てた減農薬で安心・安全な大豆です。日中の寒暖差に耐えて育つため甘味やコクのある大豆に成長します。

札幌大豆はユキホマレ等の品種を中心に栽培され、平成15年には、生産者8戸により約24トン収穫。平成29年には、11戸約127トン収穫されています。


札幌大豆の特徴

  • 札幌圏で生産された大豆 札幌圏内の農家によって生産されています。
    札幌圏で生産された大豆 札幌圏内の農家によって生産されています。
  • 生産者の顔が見える

    生産者がはっきりしている。
    生産者、またはグループごとに選別、ロット管理。
    生産地の見学なども可能。

    生産者の顔が見える

    生産者がはっきりしている。
    生産者、またはグループごとに選別、ロット管理。
    生産地の見学なども可能。
  • 厳しい栽培基準をクリア 化学合成農薬の使用は慣行栽培の半分以下。
    化学肥料も上限設定。
    厳しい栽培基準をクリア 化学合成農薬の使用は慣行栽培の半分以下。
    化学肥料も上限設定。
  • 生産履歴の開示が可能 生産者が栽培管理簿を作成しています。
    生産履歴の開示が可能 生産者が栽培管理簿を作成しています。
  • ●北海道の気候が風味豊かな大豆に育てます
    ●北海道の気候が風味豊かな大豆に育てます

生産者の思いと消費者のニーズを叶える札幌大豆

札幌大豆が誕生するまで


生産者の思いと消費者のニーズを叶える札幌大豆

大豆生産者は通常、一度出荷してしまうと丹精込めて作った自分達の大豆が、「どのように評価されているのか、評価されるものを作りたい」「どのような製品になり、それを作っている人達はどう思っているのだろう」、「消費者はどのように感じて食べているのか」など、用途や使用先はわかりません。

一方、メーカー・消費者側でも、遺伝子組み換えや、農薬の問題から、いわゆる「顔の見える農産物」を求めています。また業務用に耐えうる量、情報とも十分とはいえない状況でした。

生産者の思いと消費者のニーズを叶える札幌大豆

大豆を作る上で生産者が作り甲斐を感じる、さらに一生懸命丁寧に作るための原動力になるよう環境を整えたいという思いや消費者へ安心・安全な大豆を届けたいという思いのもと、平成12年に札幌市圏内5市町村の生産者9戸・流通・メーカーが集まり、農薬・科学肥料は慣行栽培の半分以下など、独自の栽培基準で栽培・生産された「札幌大豆」ブランドを立ち上げました。

札幌大豆生産者の皆さん

札幌大豆を活用した商品の開発

豆太の大豆製品新ブランド「mameta's cafe」シリーズ

mameta's cafe ~安心・おいしい・ヘルシー~

地域資源の北海道産大豆を使用した商品で大豆の魅力をもっと伝えたい。
大豆を取り入れた安心で健康的な生活を提供したい。


豆太の新ブランド「mameta's cafe」は、「安心・おいしい・ヘルシー」をコンセプトに生まれました。


札幌大豆の魅力を伝える3商品が誕生

札幌近郊の農家さんが育てた減農薬で安心、豊かな風味が特徴の札幌大豆。
豆太では「mameta's cafe」のブランドコンセプトにマッチした札幌大豆を原料に商品開発に取り組み、札幌大豆の魅力を伝える大豆コーヒー、おからハーブティー、豆乳ヨーグルトが誕生しました。

soy coffee札幌大豆をそのまま焙煎「北海道大豆珈琲」

大豆コーヒーとして札幌大豆の風味・特徴を活かすことができるように、豆の状態から焙煎までひとつひとつの工程を丁寧に

研究・試作を繰り返し完成しました。

札幌大豆をそのまま焙煎「北海道大豆珈琲」

焙煎後、冷まして焙煎具合を確認

●生豆の処理、焙煎

生豆の処理では、豆を割ったもの、水洗いしたもの、フレーバーや果汁を混ぜてみたりと様々な方法を検討しました。そして焙煎の工程では加熱が浅ければ黒豆茶のようになり、加熱し過ぎると焦げてしまうという大豆ならではの難しさの中でベストな煎り止めのポイントを見極めていき中深煎りにしました。


●挽く

豆を挽く工程では、挽き方によって香りや味わいに影響を与えてしまうため、香り成分を失わないようコーヒー豆用の機械を大豆用に改良を行い、札幌大豆に一番適した中細挽きにしました。


●おいしく飲んでいただくために…

また、商品がお手元に届いた際に大豆コーヒーをおいしく飲んでいただくためのドリップ方法、お湯の温度も研究・試作を重ねましました。


大豆をそのまま焙煎しているため、大豆の健康成分をまるごと摂ることができノンカフェインで体にもやさしい「北海道大豆珈琲」をぜひお試しください。


北海道大豆珈琲のご紹介


【Lineup】

北海道大豆珈琲(豆)

北海道大豆珈琲(粉)



okara herb teaおからとハーブのやさしい味わい「おからハーブティー」

豆太のおとうふづくりの技術から生まれる無添加のおから。
おからは食物繊維など健康成分が豊富でローカロリーも魅力の食品です。
生で食べてもおいしい豆太のおからを毎日、手軽に摂取いただきたいという思いから商品開発がはじまりました。
当社スタッフはコーヒーや紅茶好きが多く、そこからハーブをブレンドするというヒントをもらい、商品化まで2年ほどかかりました。

焙煎時間別の茶葉の比較

●おから茶について
おから茶として安定して同じ味を出せるよう試作を繰り返しました。乾燥具合から煎り時間を決定し、その日の気温や火加減の微調整を丁寧に行いました。


●ハーブの選定
札幌大豆のおからでつくるおから茶はほのかな甘みがあります。
この特徴を活かすことができるようおから茶と相性の良いハーブの種類やブレンドの割合をスタッフ協力のもと研究しながら5種類のハーブを厳選していきました。


●食品検査を行っています

おからハーブティーに使用しているおからはデリケートな食品です。より安全に、安心してお召しあがりいただくために、ハーブティーとしてはあまり見かけることのない食品微生物菌検査(一般生菌数・大腸菌群・黄色ブドウ球菌・セレウス菌)を行っています。

おからハーブティーは豆太のおからと同じ検査基準をクリアしています。


soy yogurt豆乳と乳酸菌+オリゴ糖で両方の効果が活きる「豆乳ヨーグルト」

豆太の豆乳ヨーグルトは15年ほど前から研究・開発を行い数年発売をしておりましたが、このたび原料に札幌大豆の豆乳を利用するなど商品改良を重ね販売再開することとなりました。

豆乳に乳酸菌を配合

●豆太と豆乳ヨーグルト

15年ほど前、北海道の食品加工研究センターさん、近隣大学の先生などにも携わっていただき3年をかけて豆乳ヨーグルトの研究開発を行いました。

食品加工センターさんの特許である北海道菌に、豆太の豆乳を組み合わせたヨーグルトは、30人の被験者によるデータ収集も行い、その結果ヨーグルト摂取による便通や整腸作用の改善がみられました。

そして2006年に豆乳ヨーグルトの販売を開始、5年程度根強いファンの皆様に支えられながら販売していました。


●札幌大豆の豆乳を利用した豆乳ヨーグルトの商品開発

札幌大豆との出会いを機に2018年から豆乳ヨーグルトの研究開発を再開し、約2年の月日をかけて完成することができました。


●豆乳+乳酸菌+オリゴ糖の組み合わせ

減農薬で甘味とコクのある品種の札幌大豆を使用し、大豆と水だけでつくる無添加の豆乳には大豆タンパク、大豆イソフラボン、大豆オリゴ糖、食物繊維など栄養が豊富に含まれています。

そこへ生きた植物性乳酸菌〈プロバイオティクスLp-115〉を組み合わせることで味や品質を向上させることができました。

さらに腸内環境の改善する食品でプロバイオティクスのエサになるといわれているオリゴ糖(プレバイオティクス)を追加しました。


牛乳などの動物性乳酸菌で作られたヨーグルトよりもローカリーで豆乳と乳酸菌の両方の効果が活きている豆太の「豆乳ヨーグルト」をどうぞご賞味ください。


豆乳ヨーグルトのご紹介


【Lineup】

豆乳ヨーグルト(5個セット)